FC2ブログ
 
■プロフィール

まりねずみ

Author:まりねずみ
鼠じゃないよ まりねずみ ぐうたらママのぐうたら日記 三日坊主のぐうたら人生
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
自転車に乗って
ちょっと用事でお出かけ。バスや電車でもよかったのだけど、ちょうど良い時間がない。時間潰すのも良い場所がない。天気良いし自転車でGO.

イチコさんの脇からずっと川の堤防を走っていけます。信号なし、歩道と車道の段差なし。快適です。

帰り、足が痛かったけど。


スポンサーサイト



おばチャリ紀行 | 21:47:27 | Trackback(0) | Comments(0)
斐太県民休養地
5月20日 嬉しい平日の休み。
雑用あれこれしていたら昼になってしまったが、マイチャリに乗って斐太県民休養地へ。
管理棟に寄ろうかと思ったが時間もないので「こんにちわ}と声をかけただけで鮫ヶ尾城本丸へ向かった。
003_convert_20130523223834.jpg
ツクバネウツギ?

004_convert_20130523225542.jpg
タニウツギ   この花が咲くと、タケノコの季節
火事花とか言って縁起が悪いらしいが綺麗な花だ。

本丸辺りには良い香りが漂う。下を見るとニセアカシヤが咲いていた。
009_convert_20130523233537.jpg

ふと、南登城口へ下りてみたくなった。
井戸の近くでアサギマダラ発見。私を誘うように行ったり来たりしている。
撮影を試みるが止まってくれない。
016_convert_20130523230650.jpg
井戸にはオタマジャクシがいっぱい。うじゃうじゃ。

ひたすら下る、下る。
017_convert_20130523231054.jpg
いや~ここから登らないでよかった。けっこうキツイ下りでした。

普通の道を歩いてチャリのとこにもどったけど、せっかくだから今咲いてるというキンランを見たくて管理棟の近くまで戻りました。
019_convert_20130523232053.jpg
大切に守られているキンラン。絶滅危惧種です。
022_convert_20130523232505.jpg
ササバギンラン

斐太県民休養知の動植物については「斐太・歴史の里より」で検索してみてください。歩く植物図鑑のようなkaboさんの素敵なブログです。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

おばチャリ紀行 | 23:37:12 | Trackback(0) | Comments(0)
観音平古墳群  カタクリ
ママチャリで行けるのはここまでかな。距離があるというより、ずっと上りがつずく。ゆるい上りだけどきつい。ここの手前から下りになるのがうれしい。風を感じる。こがないでスーッと入り口に到着。
 入り口からカタクリの花花花。
001_convert_20130416215143.jpg
花びらが多い 7枚あります
004_convert_20130416215532.jpg
005_convert_20130416220148.jpg
011_convert_20130416220545.jpg
018_convert_20130416221046.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

おばチャリ紀行 | 22:11:43 | Trackback(0) | Comments(0)
鮫ヶ尾の秋  11月1日
020_convert_20121103113406.jpg
ドングリいっぱい   山はブナの実が不作で熊さんが困ってるらしいが、ドングリは食べないのかしら?

018_convert_20121103113540.jpg
なんだか萎れてるのか花の終わりかわからないけど、覗きこんでみたら可愛らしい赤い色

017_convert_20121103113705.jpg
紅葉もぼちぼちですか

雪になる前にも一度来たいです。


おばチャリ紀行 | 11:47:04 | Trackback(0) | Comments(0)
火打山を見に
火打山が見たくてチャリで関川へ。
011_convert_20121028195341.jpg
この姿、かっこいいでしょ。この前よりちょっと雪とけたみたいだけど、じきに真っ白になります。すっごく綺麗ですよ。

もっと見たくて、昔朝刊配達していた三郷地区まで行ってきました。
016_convert_20121028195753.jpg
ここまで来ると焼山も見えます。が、雲に隠れていました。でも、雲の形が焼の形で時々一部が姿を見せてくれました。


続きを読む >>
おばチャリ紀行 | 19:43:22 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ